2008/02/28

白い恋人

「白い恋人が 食べたいなあ♪」
私が北海道に行くと言うと、娘がそうねだった。

翌日。
会社の友人が
「あ。オレ。白い恋人でいいです。」
またもや、ねだられる。

振り返りざま、

「賞味期限、切れててもイイですから。( ̄∇ ̄*)」





ところがどっこい。
無いんです。
北海道なら、どこでも売ってるかと思いきや、どっこも無い。
ロイズのチョコレートや、六花亭バターサンドはあるけど
白い恋人は見あたらず。

話しに聞くと、取り引きするショップが少なくなったのと、
あっても、販売を再開してから、すぐ売り切れるとの事。


なんとか見つけて買ってきた。
なんだか、以前より美味しくなってる気がする。

白い恋人
スポンサーサイト
2008/02/27

キネマの街

e2

えっ?
なんで?こんな古い映画の看板?

e3

あれ?
ここにも。

e1

夕張市に入ると、至る所に昔懐かしい映画の看板だらけ。
宿泊した「ホテル シューパロ」にだって
こんな立派な看板が。



e5

ちょうど私が滞在するのと同じ3日間。
「夕張国際学生映画祭2008」が開催されていた。
財政破綻した夕張市の街おこしの一環のイベントだそうだ。
クエンティン・タランティーノの新作も無料で上映。

sn1

「夕張の映画の火を消さないで!」
とスノーキャンドルも
再建にむけて、こころの灯火を放っていた。

sn2

2008/02/26

生まれて初めてのいろんな事

o1

生まれて初めて訪れる北海道。
生まれて初めて見た、この広々とした大地と、遠くまで降り積もる雪。
そして、初めて経験するナイター。

新千歳空港からひたすら広い景色に感激しながら、沿線バスでホテルまで。
着いたのは夕方をさしかかっていた。
急いで着替えて、ナイターに出撃。

いつも利用する深夜バスツアーでは、バスの発車時間に合わせて3時には帰宅準備しなくてはならない。
だから、ナイターも初めて。

o2


ここは、夕張リゾート 「マウント・レースイ スキー場」
思ったより寒くない。
リフトも誰も並んでいない。
ライトがロマンチックに雪の斜面を照らし出し、
シーンと静かな中でショーッ!シャーッ!と滑走の雪にエッジがこすれる音だけがする。

もう、雪がいっぱい!で、それだけでも満足。
とても広いけど、夜だしあまり遠くに行くと怖いので、同じゲレンデを滑る。
それでも、リフト2機分。充分広い。

もうひと滑り出来るかな?とリフトを降りると、途端にリフトが止まって照明も消えた。
最後のお客さんだったみたい。

うっしっし。
と、たっぷり堪能しながらラストランを楽しんだ。


***追記だが、翌日も同じようにリフトを降りた途端、電源が落ちた。
やっぱり、最後のお客さん。
思わずひとり笑ったよ。



夕食をとりホテルまで戻る。
シャトルバスで5分なのだが、この際歩いてみる。
だって、こんなすごい雪道歩くのなんて、生まれて初めてなんだもん。


o3
2008/02/25

なんとか乗れたよ。最終便。

k1

「みなさん。前方をごらん下さい。ここ北海道でもめったに見る事が出来ない景色です。」



金曜日より2泊3日でスノーボードをしに北海道へ。
最終日、新千歳空港までの道、この真っ白な「地吹雪」の為、主な道路が通行止め。

昨日からの強風で、飛行機も飛んでないため、沿線バスも出ず、急遽ホテルで手配した臨時バスに乗り込む。
空港までの道、通行止めと悪路の為、普通なら75分で行くはずなのに、大回りして2時間半。
数台の乗用車も、さらには除雪作業車さえも雪に埋まって、救出作業されているほど。

運転手さんも安全運転に気を配り、情報をみんなに伝えながら頑張ってくれている。
飛行機の時間が迫ってるのを気にするお客さん達に
「ご安心下さい。飛行機は飛んでませんから。せっかくだからこの景色を楽しみましょう。」


***ありがとう。すでに、楽しんでいます。***

k3

空港に着いたものの、やはり飛行機は飛んでない。
昨日から飛行機が飛ぶのを待っている人達がごったがえし、ニュースでよく見るあの風景。
6時間遅れ、やっとの思いで乗り継ぎの羽田まで着いたものの、最終便の時間はとっくに過ぎている。
調べてもらうと、こちらでもダイヤが乱れている為発着に遅れが生じ、間に合うかもしれないといわれ、走る走る。
急いで検査場でチケットを提示しても、不備が出て入れない。
5回ほどANAカウンターと検査場を行ったり来たり行ったり来たり。
「今度こそ!このチケットで大丈夫だと思います!お急ぎ下さい!」
毎度そう言われ、走る走る走る。

6回目も不備。
カウンターに戻ると、
「最終便にはもう、間に合いませんねえ。明日のご予約という事で承けたまります。」

・・・・・・そんなあ ∑(゚◇゚;)・・・・・・・

k2


困っていると、少々おかまチックな親切なお兄さんスタッフが、
「では、僕と一緒に走ってください!かなり遠いですが。荷物を持ちましょう!」
と、私の旅行カバンをお買い物かごのような持ち方で、腕にユラユラとぶら下げて、羽田空港内のあらゆる抜け道を、内股の女の子走りで走る。私もついて走る。

第2関門には別のスタッフのお姉さんが待ち受けていて、彼とバトンタッチ。
荷物とチケットを手にまた走る。私もついて走る走る。
第3関門にも別のスタッフが同様にバトンタッチ、更に走る走る走る。

すでにエンジンが掛かり、離陸を待つばかりの静まりかえった福岡行き最終便機内へ
汗びっしょりで、息も絶えだえ乗り込んだ。





2008/02/22

春待つ北国にて

komatsu


急にお仕事が減った我が事業部。
今年に入って、こんなブルトーザーを作ってる石川県の会社や、
電車を作ってる滋賀県の会社に何人も出稼ぎ。

今年は雪がたくさん降るので、朝の一番仕事は雪かきだそう。
嗚呼、たいへんでございます。

暖かい九州で育った輩に、寒い北国の生活はつらいかも。
慣れない仕事のうえ、1月から3月までという一番寒い時を過ごす。

出稼ぎに行った青年Kからメールが届く。
「心を清める為、頭をまるめました。」

よよよ。。。(ToT)
修行だと思ってがんばれ~。そして、無事に帰ってくるのだぞおおおお~。

・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・

そんな彼らとは気持ちも逆に、私も本日より北国入り。
ふかふかであろうパウダースノーに身を埋もらせて来ますぜ。

2008/02/21

世の中知らない事ばっかり

東芝がHDーDVDから撤退するというニュースを聞き、会社のM君が憤慨していた。
昨年奥さんと迷いに迷ったあげく、東芝のDVDレコーダーを購入。
「結構高い買い物やったし、俺一生モノと思いよったのに~。東芝最悪!」
家電を一生モノというのはどうかと思うが、かなりのショックらしい。

「なんとかって云う映画会社が作るのを止めたけん、東芝も止めたとよ。ブルーレイとどっちも機械があわんったい!」
と何の話しでもついてくるが、VHSしかもたない、おっちゃん「K氏」も混じって、あーだ、こーだ。

しかし、どうも意味がわからない。
ブルーレイ機でDVDは見れるはず。
彼らの話を聞けば聞くほど、迷路にはまる。
そこで、携帯のサイトでニュースを見たり、調べたりしてやっと謎事件は解決。

実はHD=DVDの存在自体を知らなかった。
店頭で、この文字自体を見た事はあったが、当然のように「ハードディスク」の事だろうと思いこんでいたのだ。
だから、「ブルーレイとHDの規格争い」などと聞いても、
「勝負の基準が違うじゃん。」なんて勝手に思っていた。
「HDD」がハードディスクの事、「HD」は半導体レーザーのDVDの進化版。


やっと理解出来たので、憤慨しているM君に尋ねた。
「M君のレコーダーはHDなの?HDDなの?」
そこにいた全員がなんの事やら、キョト~ン。

「?・・・・・多分HDDです。」


全く問題ない事を説明してやると驚いて、な~んだと安心していたが、
ここ数日、こういった勘違いの話が全国各地で盛り上がってる気がした。

*:.◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆゚・:

私はブルーレイ・ディスクの頭打ちは結構早いんじゃないかと思ってる。
記録媒体のMOも、MDも同様に思って買わなかった。
だから、きっとBDレコーダーは買わないだろう。



エンジン
2008/02/20

風・光

kaze

爽やかな風とたっぷりの光を浴びて、大きく深呼吸。
草も木も花も、そして人も。
2008/02/19

発見さるる

毎週火曜日はスイミングの日。
仕事を終えて、バタバタと食事を済ませて
冷たくて暗い寒空にハタハタと出かける。
3月に肩を痛めてからは、少々早めに泳いで、身体を慣らしておく。

いつものように駆け込んでシャワーを浴びていると、Y先生から呼ばれた。
「今日すご~~く面白いもの見つけましたよ!!!!」
ニコニコしながら先生が言うので、てっきり最近流行の面白グッズか何かだと思っていたら

「misssaさん(・・・とは言わないが) ブログ書いてるでしょ!?」

( ̄□ ̄;)!!
「へっ?なんで知っとーとーー?」


ネットで当スイミングの事検索していろいろ見ているうち、このブログにたどり着き、
私がクラスの度におしゃべりする話のキーワードが記事に見事にビンゴして
私だと確信。

もう大笑い。
いつも明るい火曜のクラスはまたもや盛り上がる。

このインストラクターのY先生。スイミングでは大の人気者。
若いのにきちんとしてるし、話しもすごく楽しい。
そしてなにより、ひとりひとりの泳ぎをちゃんと見てくれていて
しっかり指導してくれる。
なにをかくそう、私もファンのひとり。

本日もしっかり泳いで、しっかり笑って、ポカポカする身体で
気持ちよく潮風に吹かれながら、無事に家路に着きましたとさ。

(きっと、この記事見てるはずだから、悪口書けないモンね。だけど、ホントよ♪)

hata
2008/02/18

福岡の林檎

林檎と言えば東北。
美味い蜜柑はあっても、
このあたりで採れる林檎なんて、ちっとも美味しくないものだと思っていた。

昼休みそんな話をしていたら、
「こないだあげた林檎、美味かったでしょ?あれ朝倉の林檎ですよ!」
と言われた。

以前、お昼に一切れお裾分けしてもらった林檎は
蜜がたっぷり入ってて甘かったのなんの!
朝倉の果実園で林檎狩りをしたものだったらしい。
う~ん。そうだったのか。
福岡の林檎農家もがんばってるんだな。
と思ったひとこま。

nme



2008/02/17

あの夜

そうそう、この場所。

5、6年前の12月。
双子座流星群を眺めた。
本道より、少し入った通りなので、ほとんど車が通らないのと
回りに街灯がない為真っ暗で、星を見るのに持ってこいの場所。

各人寒くないようにシュラフに身をくるみ、川の字に寝っ転がる。
寝っ転がると、目の前に広がる夜の星空はとても広くて
目に入りきれない。

「あ!今の大きかった~!」なんて誰かが言うと
違う所を見て、流れ星を見逃したものは悔しい思いをした。
9時から2時間ほどいて、50個くらいの流れ星を見た。

娘も大きくなり、この先こうやって一緒に寝っ転がりながら
星を見る事もないだろう。
考えたら、ちょっと寂しい。
こうなったら、娘に早く孫を産んでもらって流れ星を見に連れ出そう。
いつになる事やら。

あの夜に

2008/02/15

おとずれ

haru

風は冷たいけど

光が変わってきたよ。

ちょっとだけ、春の気配感じます。
2008/02/14

天国と地獄

ところで、昨晩のバレンタイン前夜。
今夜はチョコを作るので、早く帰ると言う娘。
手伝ってくれるなら、夕飯はまかせて!何が食べたい?
というありがたきお言葉に甘えて
「和風おろしハンバーグ」とリクエスト。ニコニコ。

初めてのチャレンジにレシピをみながら
美味しそうに出来上がった。
あ~。ありがとう。何から何まで。シアワセ♪
天国~。

だけど、今日の為の買い物忘れやら、そうそうたる準備などで
結局食べ終えたのが夜10時半。
「買い物してくるけん、お母さんかたづけて、チョコ作りよって!」
とビシバシ母をこき使う。

段々と深夜も深まり、睡眠不足による、明日の自分の勤労体力を心配しながらも
労働していると、
味がイマイチだとか、チョコの丸め方がなっとらんとか
娘の機嫌は悪くなり、かなり手厳しい。
先ほどのあったか~い空気感はすっかり消え失せてしまった。

あ~・・・こんな事なら・・・と思うも
美味しいご馳走を食べさせてもらった手前、文句は言えない。


おろしハンバーグ

2008/02/14

バレンタイン

v,t

我が家のバレンタインの定番は、いつもこのクリームチョコ。
生クリームをたくさん入れた、ちょっと柔らかめのトリュフ風。
私がずーっと若い頃、フードスタイリストの友人から教わった。

娘が小さいうちから一緒につくっていたが、今は娘が後を引き継いだ。
いろんなチョコも作ってはみるが、やっぱりこれははずせん!と
結局、毎年山のように作ってる。

言わゆる「おふくろの味」?笑
2008/02/12

アツイ男

tubaki

お休みの間、
会社で事件が2件おきていた。

ひとつは、社員の行方不明事件。
先週木曜日から、姿を消していて現在捜索中。
これは心配。
無事だと良いが。

もうひとつは、週末の飲み会後の喧嘩騒動。
殴られた方は、顔面骨折。現在入院中。
うう~ん。やってくれた。

この入院中のS君。
いつもは無口なのに、宴会になると異常な盛り上がり。
ひとりでテンション上がって、大はしゃぎで笑える事やったり、
時には誰かと熱く口論になったりと、酒の席では超有名人。

いい加減大人になれや。と言う人もいるけど
見てるとかなり楽しい。
このハンパない熱さには感動さえ覚える。(私だけだろうが)
人と喧嘩してる内容も、礼儀の事であったり、先輩や後輩の思いの事であったり。
決してバランスは良くないが、妙に正義感の塊なのだ。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。


仕事中S君の事を考えていたら
連休に読み始めた「三国志」に出てくる人物
「張飛(ちょうひ)」の事を思い出した。

「張飛」は蜀漢の劉備の義弟で、大の酒好きな勇猛果敢な武将。
劉備の為なら命さえも投げ出すほどの忠義を持つが、酒の為や、単純な性格の為か、とんだ失敗をやらかしてしまう。
しかし、憎めないアツイ男なのだ。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

しかし、S君、顔面骨折とは。
結構凛々しい顔立ちなんだけど、どうなってる事やら。

2008/02/11

建国記念日

連休の間、友人から借りた横山光輝の漫画「三国志」を読みふける。
やっと、23巻終了。
諸葛亮孔明が登場したあたりから、なんだか面白くなってきた。

本日は建国記念日。
日本書紀にある神武天皇が即位したとされる日だが
どちらも同じく弥生時代。

ところで、神武天皇は127歳にして崩御したとあった。
長生きですねー。

ume

2008/02/10

JUMP!

ブーツ

録画していた「SONGS]で
遅ればせながら元気な忌野清志郎を見てうれしかった。
なんだか、元気がもらえるよ。
私もがんばるぜ!!ベイベー!!


「雨上がりの夜空に35」の時の
とってもいかしたブーツ
2008/02/09

さんぽ

水仙

お昼のスイミングを終え、海から我が家まで歩いて帰る。

よそのお庭の花景色や、不思議な葉っぱの広い畑。
タオルしか干してない洗濯物の軒下。
歩くスピードは見える物もちがう。
野原に群生した水仙をほんの少し花泥棒。

通りかかりの寺で手を合わせる。
何も思い浮かべることなく、心静かに目を閉じる。
頭上からすーっとなにかが降りてくるような
この感覚が好き。

以前、おばあちゃんに送った花の写真を見せてもらいに
花屋に入る。
とっても、センスの良いお花屋さん。
「水仙が綺麗ですね。」とお姉さん。
お店で買わなくてごめんなさい。

たくさん泳いで、さんざん歩いて
やっと帰り着いた我が家でほっと一息。

・・・・・ヤバイ。
掃除の途中だった事の現実。汗
2008/02/07

EPILOGUE

yuyake


あ~!待って待って!
お日様が沈んで、夕焼けの美しい空の見る見る変化に
ストップモーションをかけたかったけれど、
そんな時に限って車が停められない。
焦ったけど、ちょっとだけ間に合った。

けど、だいぶ日が長くなったなあ。
2008/02/06

静かな夜

yuri

真っ暗な冷たい冬の夜。

うんと暖めた部屋。

干し終えたばかりの洗濯物のいい香りが

ほのかに冷たく空気に紛れる。

BONNYPINKの甘い声がスピーカーから響く。

静かな、ひとりだけの夜。
2008/02/05

ストレッチの威力

週末の滑走でおこった最強の筋肉痛。

こりゃ、火曜日のスイミングはお休みだわ。
と、あきらめていたくらい最悪だったのに、
何故か朝から見る見る回復。

水泳の先生からも、「今日は肩の回りがいいですね~」
なんても言われた。

なんで?????


もしかして、滑る前にいつもより時間をかけて行った
ストレッチが良かったのかな?
自分でもビックリ。

これからも、なるべく心がけるようにしよう!

..:*・..:*・..:*・..:*・:*・..:*・..:*・..:*・..:*・:*・..:*・..:*・..:*・..:*・

広島で行方不明になっていたスノーボーダー7人が、無事救出されたらしい。
恐羅漢は雪質が良い人気のスキー場。
昨年一度友人と行った。

今回遭難したボーダー達はかなりのベテランだったらしいが
やはり、山をなめては大変な事になる。
とにかく無事で良かった。

雪山

2008/02/05

爆笑・フォンデュ

ふう~。今日もよく働いた。
現場の就業の終了のチャイムとともに、ヘルメットと防塵マスクを取る。
ほとんど同時に娘からメール。


「なんだか今日は、チーズ・フォンデュが食べたい気分♪」





「・・・・・はあああ???お前はドコのお嬢様じゃあああ!」


汚れた作業服に安全靴、ヘルメット姿の自分を見て、
メールの内容との凄いギャップに思わず爆笑!
この週明けの慌ただしい月曜日に、何がチーズ・フォンデュじゃ!!
ガハハハ♪と笑いながらお買い物。

作ろうじゃありませんか。チーズ・フォンデュ。

フォンデュ

遊びに来ていた娘の友達も一緒に、セッティング。
人参、ジャガイモ、ブロッコリー。
カリフラワーにウインナー、鶏肉、豚肉、フランスパン。
シメジにちくわ、そして、ししゃも。

昔、キャンプでやった事はあるけど、自宅では初めての試み。
美味しい美味しいとたらふく食べた。
途中、何が可笑しいのか、食べながらみんなでドーッと爆笑が始まる。

はな

食後のデザートを食べながらも曝笑は何故か続く。
こうなったら、とことんツボにはまって、何をしても可笑しくてたまらない。
その中でもひときわ大爆笑しているのは、娘の友人ティーちゃん。


このティーちゃん。
どうも、私の言動、を飛び越えて、私の存在自体がツボらしい。
毎回我が家に遊びに来ては、大笑いして帰る。

「ギャハハハハ!こんなに笑ったの、生まれて初めてかもしれん!ギャアハハハハ!」

と、反面泣きながら
「ふえ~ん。笑いすぎて、手がしびれる~。足もしびれてきた~。ヤバイ~。
生命の危機を感じる~。・・・・・・ギャハハッハハハ!」


と複雑な表情だった。
2008/02/03

スキーパーク寒曳

kanbiki

今回行ったのは「スキーパーク寒曳(かんびき)」
ここは人工造雪機が無く、自然雪だけ。
雪の降らなかった昨年は一週間だけの営業だったそうな。
今年はいい具合に雪が降って、状態もGOOD。

ツアーの料金も最高に高くなる今のシーズン、
何故かメッチャ安いイベントツアー見つけたので行ってみた。

スゴイ。。。穴場!!

広島近辺のスキー場で人気のある「めがひら」や「瑞穂」はとんでもなく人が多い。
私は週末しかいけないので、人混みのゲレンデもしょうがなく滑ってはいるものの、リフトの長い行列の順番待ちや、ゴンドラに乗る為に1時間以上も並ぶのはほんとに大変!

ところが寒曳は、週末だというのに人がまばら。
リフトも並んでも10組程度。
しかも、瑞穂なんかではリフト席に3人も4人もギュウギュウ詰めなのに、
たったの一人でラクラク乗れる。
いつもは人をよけながら危なっかしく滑り降りるゲレンデも、前方の人を気にせず、思う存分カービングターンの練習が出来た。

更にうれしい事に、1日リフト券に
お昼のバイキング料理と温泉入浴券が付いている。
ジュースの自販機もフツーに120円。
スキーヤーやボーダーも中上級者が多いから、上手な人の滑りをたっぷりと眺める事も出来た。

というわけで、良い事づくしの寒曳だったけど、
思う存分滑ったお陰で、本日の筋肉痛の具合も過去最高かも。

kanbiki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。