2008/04/30

Wheelie

wara

仕事帰り、新宮の浜に出てみた。
5,6人の男の子のグループが砂浜でウィリーの練習をしている。

「やってみて!!」
って声をかけると

テンション高らかに魅せてくれた。

bike

砂浜は難しいのでオフロードの練習にはもってこいらしい。

「ここだったら、人の迷惑にもならないっすから。」

見た目は悪そうだったけど、みんないい子達。
willy

「見て見て!いい絵がとれたよ!」
今撮った画像をみんなに見せたら、うれしそうに喜んでくれた。

「あざーっす!!」
「イエ~ィ!!」
私も混じって拳をぶつけ合う。

男の子がほんとに可愛いと思うひととき。






スポンサーサイト
2008/04/29

夏日

ha

初夏のような一日。
世の中、ゴールデンウイークが始まった初日は
私は仕事。
現場は暑いくらいで汗かいた。
ああ。また夏がやってくる。

夏は大好きだけど
夏の現場仕事は、ちとツライ。
体力一点勝負。

今年もまた元気で乗りきらなきゃ。
たくさん楽しい事も見つけるぞー。

2008/04/28

f2

いつもは
キレイだと感じながらも、横目で眺めるだけ。

ファインダー越しに覗くと
「ふうん。この花ビラ、こんな形してるのね。」
って新発見。

花って繊細で、良く出来てるね~。
お見事なつくりです。
自然はすごい。

パチパチパチパチ。

f1

2008/04/26

Music

uroko

久しぶりに昔聞いていた曲を紐解く。
1年前。
3年前。
10年前。
音楽って言うのは、自分の歴史。
その時聞いていた感覚がふわ~っと蘇る。

あの時の気持ち。
あの時の空気。
あの時の風景。

今聞いている、この音楽達も
何年かすれば自分の歴史の一コマになる。
いい想い出をいっぱいに。


2008/04/25

天晴れ

それはそれは
真っ赤な太陽。
腕が悪くて、目で見たように撮せないのが虚しい。
ほんとはもっとキレイなのよ。

嗚呼。
本日も天晴れなり。


red
2008/04/24

太陽と塔

tt

今日も塔は
朝から晩まで真っ直ぐに立って、
今日もお日様は
みんなを明るく照らしてくれた。

どうも
どうも
ごくろうさまでございます。

2008/04/23

相互関係

ちょっとうれしい事があった。

人って信頼されるとうれしいし、きちんと向き合ってくれると
こちらこそどうぞ宜しくお願いします。と
背筋がちゃんと伸びる。

相手を大切に思う事で
自分も大切にされるという相互関係。
そういう気持ちいい事を教えてあげられる人になりたいと思った。

rose
2008/04/22

風景

kesiki

家から出ればすぐに

こんな和やかな風景にお目にかかれる。

ずっと街中で暮らしてきた私にとっては

とても贅沢な環境だと思うのです。


2008/04/21

迷い

庭の草取りしている途中

どうしようか~と悩む瞬間。

mituba
2008/04/20

除草と駆除と

mint

お向かいの花壇はいつも可愛いお花畑なのに、
我が家の庭の緑のすさまじさ。
お昼から娘と一緒に草取り。
もともとこういう仕事は苦手なので、いつも音楽を聴きながらの作業。
母がこんなもので、
娘も同じく音楽がないと始まらない。
庭にCDを引っ張って、ふたりでリズムを取りつつ快適作業。

余計な雑草が生えないように、一部に植えてあるミントを
すみずみぐるりと増殖してみた。

その一方、部屋ではパソコンのウイルス駆除。
HDを検査してみると、いるいる。
トロイの亜種やらワームやら。
雑草ばりのしぶとさで、頼んでもないのに増殖。
ついでにアプリもデータも要らないものを整理して、少々気分もさっぱり。

我が家の庭もPCの庭も風通しが良くなった感じ。





2008/04/20

海遊び

お昼のスイミングに行き、そのあと海へ出る。
今日はいい風が吹いている。
ウインドサーフィンがたくさんカラフルに海を駆けめぐっていた。
すがすがしい光景。
せっかく海のそばにいるのだから、海のスポーツもいいな。
むくむくとまたチャレンジ心が膨らんでくる。

kumo4
2008/04/18

FLOW

umisora

海をわたって、

砂浜を抜けて、

山を越えて。

ここにある、目に見えるすべてのものたちを、

まるで息をするかのように

空と風と音とで

ゆっくり、

ゆっくりと繋げていく。

2008/04/18

お褒めの言葉

BF

友達に初物の竹の子をもらい、少々おしゃべり。
また、一緒にランチ行こうね!
と誘われる。
「だって、misssaさんの食べっぷりが良くて、見てて気持ちいいんだもん!」
と褒められた。

ふふふ。「ヤセの大食い度」が褒められるとは。
嬉しい♪

2008/04/16

教わる

denki

時には仕事だったり、時には料理だったり
時には遊びだったり、時には音楽だったり。
教わる事はほんとに楽しい。

今まで知らなかった世界が広がる。
自分のなかで今まで眠っていた何かが芽生える。

まわりにたくさんの人達がいるおかげ。
みなさん。
どうも、ありがとうございます。



.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆゚・:,。゚・

なんで、学生の時
勉強しなかったかなあ。
あー、もったいない事した。

2008/04/15

マクロ

これ、なーんだ?

kaben

チューリップを上から覗くと
また違った世界が見える。

あああああああああ。
マクロレンズが欲しい!
と思う今日この頃。

(お高くて、手が出ません。)
2008/04/14

彩春

hana0

春は楽しいね。
何処を歩いても、
いろどり鮮やかな花たちが迎えてくれる。

丹誠込めて育てて、こんなに素敵に花開いたのに
どこかで街角のチューリップの花が1000本くらい折られている事件が報道されていた。
車で踏みつぶしたり、傘で花を叩き折ったり。
やだね~。犯人。
美しいものを心で感じてもらいたいな。





プレゼントにいただいたピンクの薔薇。
まだまだ頑張ってます。
彼女の名は「ブリトニー」。

hana
2008/04/13

昭和カップル

sun2

友人と美味しいランチをいただいて
デザートでおなか膨らませて
海岸でおしゃべりして。

毎日いろいろあるけど
とても平和で幸せなひとときなのです。

きっと若い頃とはまた違うだろう
しっとりとした時間。
こういう時を与えてくれるいろんな事に
感謝しつつ。

sun1


話は一変して。

海岸で不思議なカップルを見た。
人呼んで「昭和カップル」

銀縁のメガネのオトコは
グレーのパーカーに白いキャップを逆さまにかぶり、手にはギンガムチェックのピンクのトートバック。

肩まである髪をふたつ結びにしているオンナは
薄ピンクのコットンパーカーに白っぽいデニム生地の、ひざまでのパンツ。
そしてテニスシューズ。


小さな白いスピッツがふたりの後をちょろちょろ着いてくる。



「今どきあんな服売りよるんやねえ。」
「あたし達の高校時代の格好よねえ。」
友人と顔を見合わせて
きっとタイムスリップしてきたに違いないと確認しあう。

帰りしな、あの「昭和カップル」はどうしたかと探すと
白いスピッツが二人の間をじゃれる中、
ちゃんと手にミットをはめて


ふたりでキャッチボールをしていた。


2008/04/12

桜の木の下で

mikan

桜の花も葉桜が増え
風で桜吹雪が舞い踊る。
今年はいつもよりたくさん、桜を楽しんでいるように思える。

友人が昨日観たテレビ番組の話をする。
学生の頃からもうすでに30年間、
毎年3人揃って桜の木の下で写真を撮り続けている女性3人組の話。
時には着物姿で。時には普段着で。

あんなのっていいなあ。
憧れる。
って。



「ん?今からやる??30年間。」





tourou
2008/04/11

あとかたずけ

仕事から帰って部屋で着替えていると
どこからか
ふにゃ~ふにゃ~って声がする。

ん?押入?

ふすまを開けるとのっそりモカ現る。
ふと見れば、ふすまの裏は
紙の部分がなくなるほど
びりびり、ぶすぶす、ぶわぶわ、ぐちゃぐちゃ。

押入の中のふとんも、タオルも
猫の毛と破れたふすまの紙の残材だらけ。

どうも思うに、少しの隙間から入ったものの
モカがいる事に気付かない娘から、ちゃっかり閉められた様子。
まる一日閉じこめられてパニくったんだろう。

ふすまを大きく開くと
破れたふすまの紙が
ドサーーーーーーーーーーーッ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


moka

コヤツが犯人。

sak0

気を取り直して
桜の写真でも。

あとかたずけが大変よ。
まったく。
2008/04/10

桃源郷

momo

さてさて、桃源郷がどんなところだかは知らないけれど

「薄曇り」に「満開の桜」は昔からの私のイメージ。

さらにこうやって「桃の花」が立ち並べば

いつ仙人が出てきてもおかしくないのだけど。



2008/04/09

今日も

やっぱり
綺麗なもので。
もう一枚。

bara2
2008/04/08

薔薇

ばら2

友人から有り余るほどのバラの花束をいただいた。
遅ればせながらの誕生日。
~TOO MUCH~ こんな私にはもったいない。
こんなロマンチックなプレゼントもらったのなんて
はじめてかも。

こんな素敵でたいそうなプレゼントをもらうくらい
私は友人に対して、きちんと接しているだろうか。
「愛」をそそぐ事が出来ているだろうか。
すっと気持ちを引き締める。

美しいものを戴くと
「心も美しくなんなさい」と囁かれてるみたい。


花束


*バラの品種*
ピンク~ヴェルビータ
淡いピンクのスプレー~ブリトニー
白~スイートオールド
深いピンク~エレノア




2008/04/07

金色の野

「そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし
 失われた大地との絆を結び
 ついに人々を青き清浄の地に導かん」

na1

ふっと、「風の谷のナウシカ」のセリフを口にした。

な2

車で、菜の花の咲き誇るすぐ脇を通ると
オームの触手の草原を走ってるかのよう。

2008/04/06

鳥居

「今年も綺麗な桜が見る事が出来てよかったね。」

満開のすばらしい姿を見て、そう言うのが
ここ数年の私たちの口癖。

やはり、この歳まで生きてくれば多少なりとも、
嬉しい事も悲しい事も年の数だけ。

健康の事。子育ての事。生活の事。
たくさん頭を悩める事はあっても
今年も元気に、こうやって素晴らしい桜を見る事が出来た。
一緒に感動を分かち合ってくれる友人がいる。
ありがたい事だと感謝の念。

これから先,生きていて、どんな未来が待っているか。
何が起こるかわからない。
そんな希望でもあり、不安でもある自分だけの道のり。

そう考えれば、その時その時をいつくしみ大切に。
今出来る事を精一杯楽しみたいと思う。


桜
2008/04/03

春の日

ポカポカの一日。
この陽気で桜も一気に咲いたみたい。
週末は友人とお花見の予定。
楽しみ楽しみ。
どうぞ、雨降りませんように。

祈。

菜の花
2008/04/02

無事帰還

sea

仕事が暇になった為、会社から出稼ぎ(?)に行った仲間が帰ってきた。
石川県組3名。
滋賀県組3名。
不景気の折、我が社もいろいろと移動があり、落ち着かないが
やはり、昔からの仲間が戻るとうれしい。
ほとんど息子みたいなものだけど、やんちゃな可愛い奴等。

考えてみれば、高校を卒業して正社員として就職。
転職しない限り、違う職種につくことはない。
ずっと同じ仕事を続けることが良いかどうかは別として
やはり、いろんな世界を垣間見ることは大切に思う。
そういった意味ではいい経験だっただろう。

それぞれ話を聞けば
石川組は時間は短いけど、大変ハードな仕事で身が持たないと言う。
滋賀組は仕事は簡単だけど、時間だけが延々と長くて疲れたと言う。
どっこも大変。

結局のところ、みんなウチに戻りホッとしている様子。
きっとこれからも頑張るよ。彼らは。
2008/04/01

誕生日

仕事を終え、更衣室で着替えていると一緒になった人が
「今日私の誕生日なんですよ。」と。
違う部署の彼女とは日頃帰りの時間帯が違うので、たまにしか会わない。

「えー?エイプリルフールなんて珍しいですねー。」
「そうなの。よく笑われるんですよ。(ノ◇≦。) 」

ちなみに私の誕生日は昨日の3月31日。
これがまた会社の棚卸の日とあって、
みんなから疎ましく思われる日。

そのことを告げ、ふたりで笑う。
なんだか嬉しくなって、近いうちに、
ふたりで食事でもして、お互い祝おうということになった。

「言ってみるもんですねー(*´∇`*)」
ふたりでうなずく。


また一つ、楽しみが増えた。
るんるん。


flower
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。