2008/07/31

海の顔

wave

昨日の海はかなりカッコ良かったなあ。
気持ちいい風がほどよく吹いて、水がたっぷりで、波が立つ。
海の色もクッキリと鮮やか。

言わせてもらえば、ばりばりのロックスター。
感嘆のタメイキが出るほど。

反対に今日は潮が引いていてベタ凪。
色も薄くてちょっと淋しい、まるで地肌が見えた池のよう。

太陽と空と風と雲と空気と
みんなが協力しあって
毎日毎日、別人のように表情を変える。

毎日ごくろうさん。
いつも、楽しませてもらってます。
明日もよろしく。



スポンサーサイト
2008/07/30

いつものメンバーいつもと違う場所

毎週火曜日の夜会う仲間。
スイミングに通うメンバーで集まった。
スイミング・スクールがお休みの月末、
たまにはお茶でもしようよと集まったのが、丁度一年前。

radio


この企画を思いついた頃には、もっと頻繁に集まれるかと思っていたが
あっという間に一年。
時間が過ぎていくのが速いと、つくずく感じる。

一年前と同じように海辺でライブを見た後、おしゃべりに花が咲く。
みんな明るくて、気のいい人達。
いつもと顔ぶれは同じだけど、いつもと違って水着を着てない。
プールの中でもないし、泳いでもない。

ほんのささいな事なんだけど、
日常とは違う事って、結構楽しい。




2008/07/28

ちょっと、涼しげ。

neko


毎日、マイニチ、暑くてたまらないけど
ちょっとだけ、涼しそうに見えた。


2008/07/27

海に包まれる

ウインドをはじめてから、以前にも増して海が好きになった気がする。

海の近くに住んでから、結構眺めることは多くなったけど
海に入るなんてことは、せいぜい年に一度か二度。
子ども達の夏休みの海水浴の為に準備万端整えて、着いた砂を気にしながらも、
帰ったらすぐ水にかかれる用意をして。
それはもう一大イベント。
お盆過ぎるとクラゲが出るので、海水浴シーズンは本当に短い。

umi

ところが今は、ウエットスーツや夏場のラッシュガードのお陰でいつでも海に入ることが出来る。
とても海を身近に楽しむことが出来るようになった。

誰もいない海にぷかぷかと浮遊する。
よく海を、母親の胎内の羊水に見立てる表現があるが、確かにそう言う感覚がある。
大いなる地球の腹のなかで、栄養たっぷりの暖かい海に包まれている気分になる。

umi2

さて、ウインドのスクールでは、今日はタックの練習。
風上に向けてターンする。

たくさん乗ったあと、陸トレで、シガさんから上手にタックする為のアドバイスをもらう。
説明を受けた後、「コレをメモしておいて、今度来る時に読んでから来るといいのですが。」と。
そこで、ここにメモることに。

1 右手でマストの 少し下を持つ。
2 ラフ、左足に引きつけるように。
3 身体より離したマスト右下から平行に左下に移動。
4 右足をかかとからマスト中心部に巻き付けるように。
5 左足マスト中心部の前。
6 マストまわりを回り素早く移動。
7 両手を幅広くブームにかけて、マスト少々前重心。
8 向かう場所にマストの先端を向ける。
9 セイルは先端より放射線状、身体から離す ベアの形。
10 回転したら基本位置、セイルを開く。

イメトレは大事ですからね。(*'-'*)



2008/07/26

サーフハットの活躍

今日は休日出勤だったので、3時に終わった。
現場は今日も酷暑。
ヘルメットもマスクも何もかも脱ぎ捨てて、海にドボーーーーん!って飛び込みたい。

そうだ。海に浸かりに行こうかな。
帰りに海へ寄る。
夕方、キラキラ光る海は楽しそうな若人でいっぱい。
カラフルなウインドもいるいる。
風は?
まあ、ぼちぼちかな。

「浸かりにおいで~。気持ちいいよ~。」
うっふっふ。海が呼んでる。

日差しが突き刺さるように強いけど、
この間ウインドの為に購入した「サーフハット」が役に立ちそう。


surfhat

家に帰り、用事を済ませたら、「心からの海気分」だったにも関わらす
何故か、「庭の草むしりモード」へ急遽変更。
現場仕事で、すこぶる汗をかいたついでに、苦手なこの草むしりを片付けてしまおうという選択。

海で活躍するはずだった「サーフハット」をかぶり、汗を拭き拭き草むしり。
ビシビシあたる日差しをしっかり遮ってくれる。
これはいいぞ。

綺麗になって、気分もすっきり。
心残すことなく、明日は海へ出かけよう。



2008/07/25

海と風と太陽の匂いのする男

higasidasan

先週、東田トモヒロさんのライブへ行って来た。
3グループ出て、最後だったんだけど、

心がおおらかで、あったかなのが伝わってくる。
One Love!
War is not the answer!
世の中こんな人ばかりだったら、戦争なんて絶対あり得ないね。

そして、なんといってもステージがアツイ!
女性ファンももちろんだけど、東田バリに決め込んだ、男性ファンが異常に多い。
生ギター一本でも天才的にかなり盛り上がる。

ライブのすぐ隣では、アートのパフォーマンスも。
いつかワンマンやってほしいな。

art

来週から地元、福間の海岸で
CROSS FMラジオの公開生放送『SURFSIDE RADIO '08』が開催される。

http://www.crossfm.co.jp/home/080728ssr.php

7月28日(月)~8月3日(日)の一週間、
朝から夜までいろんなゲストが来て、ライブを繰り広げるというイベント。
番組表を見ていると、2日「東田トモヒロ」の文字発見!

やった!!!
なんと、地元の海岸で見ることが出来るとは!
会社を早退してでも行くぞ~~♪



2008/07/24

花火ーー!もう数発!

海辺に映る花火はとても綺麗。
いつもは波打ち際ギリギリで椅子に座って
波の音と一緒に楽しむのが、このロケーションの醍醐味。

だけど、今回はあまりにも潮が引いていて、
波打ち際まで行けなかったのが心残り。
次回に期待すべし。


hb13


hb11


hb12


hb8


hb10

8月3日  福津市花火大会
9月23日 宮地嶽神社花火大会
どちらもこの浜で上がります。



2008/07/23

花火ーーーー!

いつもは、のんびり見る花火大会も
今回は撮影モードで大忙し。
ぼちぼち撮れていました。

hb9



hb3



hb7

by宮地浜花火大会




2008/07/22

Colors Forest

c.f.

日常、目にするモノ。
いつも見る景色や形を、ファインダー越しに覗いてみると
まったく違った世界が広がる事がある。

原寸大の世界から、ミクロへ、そしてマクロへ。
時々カメラが教えてくれるけど、

この世の中も、まったくその通り。
良いと言われることや、悪いと言われることも、
ゆったりと大きな気持ちでいられたり、痛いほど心が狭くなっていたり。
右から見たり、左から見たり、前から後ろから、
たまにはうーんと遠くから見たり、
自分の見方次第で随分変わる。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


さてさて、明日は地元の花火大会。
カメラのことはちっともわからないなりに
難しい花火の写真にチャレンジしてみようと
カメラ用のリモコン購入。

上手く撮れるかな。
練習練習。


2008/07/21

一日海遊び

ウインド・サーフィンに行く。
本日も例のごとく、無風。

・・・・・嗚呼。

ヾ(- -;)


風を待つ間にみんなが遊びでサーフィンを始めた。
大きい波の代わりに、後ろから何人かでボードを押す。
「君ら、頼むよ!」と名付けて「殿様サーフィン」
私も混ぜてもらい、はじめてのボード。
一瞬だったけど、立てた!
そのあとも、風が吹けば、ウインドの練習。
風が止めば、海で泳いだり、
また違う「パドリング・ボード」と
はじめての体験をさせてもらう。

ここに来なければ、経験することなかったであろう
海の遊び。
しっかり、楽しませていただきました。

ありがたい事です。

(*^-^*)

sea

2008/07/20

ご迷惑おかけします。

先週より、このブログの記事と写真が正しく表示されなくなっているようです。

せっかく見に来てくださってる皆様には、不快な思いをさせて申し訳ありません。

素人なもので、何をどうすれば良いのやら。。。

障害が落ち着くまで、もうしばらくお待ち下さい。


whit








2008/07/20

本名はブリュンヒルデらしい

ponyo


宮崎駿監督のアニメ「崖の上のポニョ」
上映初日のレイトショーだったけど、まずまずの人出。

感想。
「・・・・・・・・・・・・・・。」

わからない。何故なの?
アニメそのものは原点に戻ったのはわかるけど
言わんとすることも、ストーリー性も、つかめない。
友人とふたり、頭を悩ませながら帰った。




館内で目に付いたのがコレ!
原作は大大大ファンなんだけど、
映画ではどんな仕上がりだろう。
原作が好きだから、見に行こうかどうしようかと迷い中。

20


「20世紀少年 」


2008/07/17

真っ暗な海

泳いだ後、海へ出た。
真っ暗な海。
台風の影響か、風が生ぬるい。
潮の香りと、大きな波の音。

昔、バリ島にはじめて行った日を思い出す。
現地に到着したのが真っ暗な夜で、空港からビーチまで何も景色が見えず
ただ波の音だけがザブーン、ザブーンと怒濤のように響いていた。
ほのかにココナッツオイルの香りがする空気と、異常に大きな波の音で
異国に来たんだと実感した。

あの頃、私は何を考えて生きていたんだろう。
急にそんな事を考えた。
人生は積み重ねのはずなのに
年月だけが流れ
良くも悪くも、なんにも変わってない気がする。
良いのか、悪いのか。

この先、どんな事があるのか
いったい自分はどうなるのか、わからないけど
やっぱり一生懸命仕事をして、一生懸命生きていこうと思った。

night


2008/07/16

現場の夏

暑いです。毎日。
まだまだ厳しい夏はこれからと言うものの、36~7度くらいの現場で
長袖長ズボンの作業服に、軍手と革手袋に手甲して、安全靴にヘルメット、
防塵マスクにゴーグルという出で立ちで溶接やってます。

なんのなんのまだまだです。
もうすぐ40度越えの現場がやって来ます。

仕事中、このまま冷たいプールにジャポーン!と飛び込みたい!という衝動に駆られます。
溶接面の内側で、かき氷食べたい~。ってひとり呟いてます。
ちなみに、宇治金時希望です。

chell



それでも、クーラーはあまり好きではないので、
今日帰ってから、先ほど始めてエアコンのスイッチをオンにしました。

なかなか冷たい風がこないので、とうとうダメになったかと思っていたら
設定が「暖房」になっていました。



と、よくある話し。





ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/07/15

てっぺん

高いところが好きなもので
地球のてっぺんのような
こんなところにも登ってみたい。

空を一人占めして
音楽聞いたら楽しそう。

ball1

あっちとこっちとで
「おーい!」なんて、誰かと手なんか振り合ったりして。
風がゴウゴウいう中、電話でおしゃべりしても楽しいかも。

こんなへんてこな、子供じみた趣味を持つ方
はげしく募集中。
(ガスやさんに怒られます。)

ball2



2008/07/14

博多祇園山笠

「山笠があるけん、博多たい!!」
博多っこの有名なセリフ。

たまたま昨日、用事で博多に出ると、博多祇園山笠の集団山見せがあっていた。
そうか、そうか!
今日はその日だったよ。
博多の町を離れて、幾久しく 山笠の事をすっかり忘れていた。
毎年のように見に行ってたのに、遠く離れると、気持ちも離れる。
そうそう、私に遠距離恋愛は無理なのよねー。

yama1

久々に「舁(か)き山」を見て昔の熱い気持ちが蘇ってきた。
山笠が好きな博多の男は「山のぼせ」と言って、
一年この山笠の為に回っていると言っても過言ではないくらい。

7月、お汐井取りがはじまると、博多の町は山笠一色。
「オイッサー!オイッサー!」と勇ましい掛け声とともに
博多の町の7つの流れの「舁(か)き山」が競い合う。
水法被にキリリと締め込み姿の博多の男衆は、この時ばかりは、さすがに粋だ。

追い山のスタート地点である、櫛田神社の鳥居では
緊張感と興奮のるつぼ。
勢い(きおい)水を頭から浴びせながら、今にも喧嘩が始まりそうなくらい熱い。

yama3

昨日立ち寄っていた、ショップのお姉さんとそんな話をしだしたら異常に盛り上がってしまった。
このオネエサンも、しっかり「山のぼせ」

娘KOKOがサークルメンバーで明日の追い山に行くという。
みんなで決めたスケジュールで
「4時現地に移動」などという文字を見つけたら

「ダメダメ!!そんなん、遅い!!2時から場所探して、3時からはもう座っとかんと!!」
オエネサンと母から喧々囂々。
やむなし、スケジュールを変えた模様。

yama2


さてさて、山笠フィナーレの「追い山」は明日は早朝4時59分はじまり!
ちなみに先日悪口を記事にした「S部長」も土居流れで出てます。
きっと明日も寝ないで会社に出勤だろうから、どんな表情で来るやら。


あ~山笠。久しぶりに見に行きたいな~。




2008/07/12

朝の空気

morning

いつも朝は慌ただしいのだけど
用意が早めに出来た日には会社へ行く前
ちょっと寄り道。

朝のすがすがしい空気で深呼吸。
空と海との境目がわからないくらいに解け合って
静かに静かに一日がはじまる。




2008/07/11

甘いシアワセ

cherry2


一年に一度、本場アメリカから送られてくるという
甘い甘い、アメリカン・チェリー。
こんなにたくさんいただきました。

いつも、いろいろ気にかけてくれる。
いつも、美味しいもの教えてくれる。

私がここで生きていく上で
なくてはならない、大切な友人。

いつも、どうもありがとう。


cherry1




2008/07/10

異端児なもので。

出来れば、毎日楽しい方がいいと思うのはもちろん、
いかに、笑える事を思いつくかが私のもっぱらの日課。
しかし、どうも根が真面目なもので、
まだまだお笑いのセンスに機転がきかずに、
昨日は、我が社のお笑い部門の師匠に、「まだまだですね。」と
ダメだしを食らう始末。
ああ。オモロイ人になりたい。

:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:


今朝の話。

事務所で毎朝ながながと、他部署の会議があっている。
「S部長」が参加すると、会議の時間は更に延長。
今朝も、いつものごとく「S部長」の独壇場だった。
たまたま横で聞いていると、なんと部下に対しての理不尽なセリフ。
もう、ムカムカと腹が立ってきて、部外者に関わらず
よっぽど文句を言おうかと思ったくらい。

この「S部長」とは何度か喧嘩した。
人間は決して嫌いではないのだけど、机上の空論を上から目線ですごく偉そうに言うくせに
人のせいにして最後まで面倒を見ないところが何とも腹ただしい。

私は全くの部外者。「こりゃイカン。」と
のど元まで出かかった「S部長」に対する怒りをグッと飲み込んで、そそくさと事務所を後にした。


boo


しかし、仕事をしていても、心のなかはずーっとムカムカムカムカ。
そこで、ひらめいたのが、最近お笑いで人気の吉本の「ザ・パンチ」

相方のダサいボケに対してツッコミが
「おまえ、気持ち悪いよ~~。お願い~~~夜空の星になって~~~。」とか
「砂漠でラクダに逃げられて~~~。」
「カンガルーに後ろからちょっかい出して~~~。」とか悲痛な面もちで嘆く


:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:


そこで、溶接しながらネタを考えた。

「S部長~~~~お願い~~~。」

「構内のハトのフンで、通路でスベって全身まみれて~~~」
「メタボのお腹で、打楽器演奏して~~~」
「延長コードで、グルグル巻きになって~~~~」
「溶接アームにぶら下がったまま、指さし呼称して~~~」
「右足と左足、別の台車に入れて事務所まで帰って~~~」

我が社お笑い部門の師匠。いかがでしょう?
(まだまだだな。)


2008/07/09

右折にて

花はいいねえ。
右折する時だって、ちょっと微笑み浮かぶ。
がんばってるなあ。って
感心もする。

miti



2008/07/08

紫陽花の気持ち

すっかり、夏の日差しに
町の中の鮮やかな紫陽花の花たちも
そろそろ色あせてきた頃。

6月の、長崎のバス旅行に行って以来
心なしか紫陽花を見る機会が増えた。

aji5

というよりも、
今まで意識しなければ見えなかった花たちが
自分の気持ちが変わった途端
こんなところにも、あんなところにもと
たくさん見えだした。

aji2

今まで、気がついてあげなくてごめんなさい。
見渡せば、
ここのお庭でも、あちらの玄関先でも
雨や曇り空の暗い空気を吹き飛ばすように、雨が降る中
一生懸命艶やかにアピールしている。

aji3

自分の意識の持ちようで、
こんなにも見えるものが変わってくる。
まだまだ、自分で認識していない、大切なものが
たくさんあるように思えた。

aji1

暖かい事、幸せな事、平和な事、自然な事、
自分でやれる事少しずつ。

aji4

これからも、まわりの環境や、たくさんの人達に
いろんな刺激受けながら
大切な事をひとつずつ脳に焼き付けていきたいね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/07/07

頭がいっぱいで

海や風の事だとか、娘の成人式の事だとか
暑い現場の事だとか、日焼けの事だとか、娘の旅立ちの事だとか
友人宅の子の発表会の事だとか。
いろいろ考えていたら、なんだか頭が忙しくて、

すごく美しかった夕焼けも、
今日が七夕である事も、
キャンドルナイトの日だった事も
すっかり見送ってしまった。



ha




ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/07/06

風の待ち時間

風を待つ。
ウインドサーファーにとっては、日常の事。
いつ吹くかわからない時間。
海を見ながらボーっとしたり、本を読んだり、おしゃべりしたり、
みんなのんびり過ごす。

それが私には出来ない。
仕事に追われ、日々の生活に追われる毎日を過ごす主婦の私にとっては
ぽっかり空いた時間をもったいないと思う。
帰って掃除してくるかな。とか
今のうちに買い物済ませとこうかな。
と思ってしまう。

「なんかお手伝いする事ないですか?」
店主に聞いた。
訳を話すと、
「では、のんびりする練習をした方がいいですよ。」
と言われた。

確かにそうかもしれないね。
多忙な日常をすっかり忘れてゆとりを持つ事も大事。
なるほどと納得した。

wind


ところで、風の神様。
今日はちょっと微笑んでくれた。
セイルも少し大きいものに替えたので、結構風が入る。
だけど、それはそれでバランスを崩す。
1歩進んでは、0.5歩下がる。
そんなスローなレベルアップだけど
まあ、のんびりと行きましょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/07/05

無風女

何故だー。
私がウインド・サーフィンする時は
風のコンデションが悪い。

ずっと、結構イイ風が吹いていたらしいのに
本日またもや無風なり。
しかも波は高い。

サイドショアが一番最適らしい。
風の神様。
頼みまっせ。

wind



2008/07/04

東田トモヒロ 

一番好きな「唄歌い」。
熊本在住ながら、ほとんど日本中、ライブで旅して回っている。
あったかくて、男気あふれて、繊細で。
彼が弾くアコースティックギターは、心の底から楽しそう。
甘い歌声と彼の歌は、どこか懐かしい気がする。
暖かく、包み込まれるような歌詞は、泣けてくる。

オーガニックな、自然のエネルギーがいっぱい詰まった人。

higasida2

彼の新しいアルバムが、やっとこさ手に入った。
しばらくは、「東田トモヒロ」一色になりそう。

higasida1


東田トモヒロ
http://www.higashidatomohiro.jp/





ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/07/03

美しい明治の女性

hasu

「H野夏子」さん。
明治生まれの美しい女性。

5年前、私が婦人科に入院していた時に、しばらく同じお部屋にご一緒させていただいた方。
身なりも姿勢も大変美しく、上品で知的。
やはり明治の女性はあか抜けていると感心させられた。

足が悪くて車いすではあったが、当時93歳とは思えないほど、しゃんとしている。
やはり同じ部屋のFさんは私より5歳年下。
すっかり3人仲良しになり、H野さんの車いすを押して、院内を散歩した。

先生の回診時には、身なりを整えて、足が悪いのにもかかわらず、ベットできちんと正座して待たれる。
独り暮らしをされているので、お家の事が心配ではないかと尋ねると
「私がここでどんなに心配したところで、家のお茶碗ひとつ動かす事は出来ないんですよ。」と言われる。
毎日違う検査時間を、看護士さんが大きく紙に書いて目立つところに貼っていても
「こんなに大きく書かなくてもねえ。」と、検査前には紙を見ずとも、ベットで待っていらっしゃる。

93歳とは思えないほど、お元気ですねと言うと、長生きはしたいとは思わないのに、お迎えが来ないんですよ。こればっかりはねえ。とちょっと寂しげだった。

一度、H野さんのお向かいに一泊入院で若い女の子が入ってきた。
ベットまわりにカーテンが引かれ、何も見えない、何も聞こえない。
夜、その子を尋ねる、複数の男性見舞い客の中で、本命の彼氏はいったい誰なのかが話題になった事があった。
もちろん、男性の姿も声もわからない。
それなのに、耳が遠くて、ベットで天井を向いて、仰向けで寝ているはずのH野さんの予想も
見事に同じでFさんとふたり驚いた事があった。

hasu2

身寄りが無い為、病院の隣にある老人施設に移られて、2度ほどお顔を見にお邪魔した。
Fさんと一緒に尋ねると嬉しそうに、介護のスタッフに「お友達です。」と紹介してくれた。
半世紀ほど年の差が離れている為、スタッフが「え?お友達?」と不思議そうに笑ってると
「そうなの。お友達なの。」と笑顔で返す。
すごく嬉しかった。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○


今日、仕事帰り、数年会っていなかったH野さんを急に想い出した。
もし、ご健在であれば98歳になられる。
いらっしゃるかな。それとも。。。。
思い立って、その足で施設を尋ねてみた。

看護士の方に聞くと、お亡くなりになられたとのこと。
そうですか。と詳しく聞けば、6月末のこと。
たったの、たったの4日前。
ああ。もう少し早く思い出しておけば。と心が引きずられた。

H野さんの事。
きっと、しゃんした気持ちで天国に旅立たれたに違いない。
施設を出て帰り道、近所の寺に寄ってみた。
珍しく植木鉢に植えてある、蓮が蕾をつけていた。







~心より、ご冥福をお祈りいたします。~

2008/07/02

本日、夏日和

summer

暑いよ暑いよ。現場はHOTだよー。

昨年、我が事業部はすごく明るい東工場に移転したのだけど
明るいだけあって、工場の屋根に明かり取りのスレートがたくさん。
冬は良いのだけど、はうだる。

本日はどんだけ暑いかと、会社のS君の背中を見に行った。
どれどれ・・・・・?

・・・・・まだまだだな。

本番になれば、S君の長袖の作業服の背中が汗で絞れるほど、ぐっしょりになる。
今日見た限りでは、ぜんぜん濡れてないので、たいしたことはない。
しかし、これからですわ。暑さと戦う日々を迎えるのは!


◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆゚・:,。゚・


だけど、は好き。
大変元気です。
昨日のスイミングのお陰かな。


帰宅後の本日BGMのセレクトはこちら。
蚊取り線香の香りと共に、キューバしてます。
muskk




2008/07/01

sizuku

みんな、雨が降るのはうっとうしいと言うけれど
私は梅雨頃の雨も結構好き。
雨がザーザー降る中、部屋で静かに過ごすのは心地よい。
雨に濡れた植物がうんと力を蓄えてる気がする。
洪水は大変だけど、雨が降らないと困る人がたくさんいるし、地球も困るし。

春夏秋冬、そして梅雨。
日本には四季があるから、その分楽しみが増える。
自然の流れのままに心をまかせて、
とうとうと流れるように生きて行けたら。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。