2009/02/25

運転は嫌いだから

娘に
「なんで、運転がそんなに下手いとよ!!!!!!」
と怒られた。

これくらいになって、
見返してやりたいものだが・・・・・


○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●

c








スポンサーサイト
2009/02/24

日々是好日

朝からくしゃみ連発。
目もジクジクと痒い。
何故か、雨の日の方がひどい、私の花粉症。

2週間ぶりの水泳。
身体がほっかほっかして、サッパリと気持ちよかった。
海水プールで泳いでいる時と
雪山ゲレンデでの滑走中は、忘れたようになんともないのにね。


sora24


なんか楽しい事あった???
って
会社の友人に聞く。

「なんも。」
と即答。つまんない。

うーん。何かないかな。と考えてたら
そうそう、今日はN君の誕生日。

「おめでとう!」って言って
余計な世話ながら、友人に教えてやったら
なんだかニコニコ。
たったのそれだけで、なんか楽しい気分。



2009/02/23

瑠璃の空

いつも見慣れているのは

広くて大きい空なんだけど

古い町並みの、切り取ったような空。

くっきり一段と際だつ青い色。

sky




2009/02/22

動画な日曜日

スノーボードのグランドトリックの動画をyoutubeで見ていた。
いろいろ探していたら、オーリーのレッスン編やジャンプ編など、
HOWTOものがあるので、これは是非まとめて見たいと思い
youtubeをダウンロードした後、DVDプレーヤーで見れるようにDVD-Videoに変換出来る
DVD-Flickというフリーソフトを見つけた。

もともとyoutubeの動画。
画質は良くないけれど、なかなか楽しい。
気に入った動画ばかり集めて、延々と見る事が出来る。

ただ、すべて上手く行った訳ではない。
何故か、変換出来ない動画や音声が出ない動画。
わからない事もあるけど、ライティング機能も付いて、高性能なソフトだ。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;




g


グラトリでヒラヒラと舞う華麗なトリックに見とれてしまう。
どうやれば、あんな風に舞えるのか。うっとり。



2009/02/19

体力勝負

筋肉痛も、睡眠不足も解消されたが
重たくてデカクて、ハードな仕事はもうしばらく。

そこで、本日もお肉の日。

不景気のあおり、残すところの仕事もあとわずか。
忙しいうちは華。
先はどうなるかわからない。
今を精一杯大事にしなくては。

umi


2009/02/18

身体はよく知っている

asa

昨日より少々オツカレ気味。
立て続けのスノーボードで慣れないオーリーの練習にて筋肉痛なのと
今取り組んでいる仕事が、厚さ6ミリや9ミリの角パイプの組立溶接作業。
ちょっと動かすだけで、重たくて重たくて、うんとこどっこうしょ。
さらに娘がスノーボードに行くというので、
道具のセッティングやら送り迎えで睡眠不足。

さすがにバテた。


こんな時にはお肉なのです。
身体が欲するのです。
昨日はステーキ。
今日は焼き肉。

お陰で、なんとか復活!



2009/02/15

BOX Story

天山スキー場に行ったのは6年ぶりくらいになるかな。
オーリーの練習に良いかなと思って、張りきって出かけた。
ところが、ちっとも身体が動いてくれない。

いつも雪山に行っては、午前中は不調の事が多い。
何となく様になってくるのが昼過ぎて。
今日もまったくそのパターン。

ちっともジャンプ出来なかったのが
昼過ぎ、やっと少しエアが出来るようになった。


思い切ってBOXに挑戦してみる。

1回目 ドキドキしながら近くまで行くが乗れない。
2回目 同じく横目で素通り。
3回目 どうにか乗れたが、ボードが横滑りしてそのまま落ちる。痛い。
4回目 やっぱり恐くて乗れない。
5回目 なんとか乗れた。着地失敗。逆エッジ転倒。痛い。
6回目 乗れた。着地も成功。
7回目 乗れたが横に落ちてまたまた強打。痛い。
8回目 体力の限界。諦める。

ま。こんなもんでしょ。

box




こんな風に飛んでみたいね。

snowboard-16.jpg



2009/02/13

熱き2月の海

「えっ??・・・・・・・・・今って2月だよね???」
マリンスポーツ真っ盛りの海。
いやー。たまげた。


少々霞がかって見づらいとは思いますが
ざっと数えてみると

カイト8基
ウインドサーフィン約30基

ガンガン、風に乗って、波に乗って
縦横無尽に走る走る。

kyt

先日のビッグエアでのスノーボード・スクールの帰りしな
雪山行きたい感で一杯になった気分で立ち寄った
地元福津の海。

いやー。たまげた。
HOTな海の男達。海の女達。

すばらしい♪
いやー。マジたまげた。






2009/02/11

スノーボードとラーメン

ひさーーーーしぶりに
屋内スノーボード場「ビッグ・エア」に行った。

ジャンプしてるつもりなのに、ちっとも地面からボードが上がってない。
雪山ゲレンデで軽く挑戦はしてみるものの、ちっとも飛べない。
そこで、今日の目標は「オーリー」
上手くなりたい。
次の課題が見えてきたところで、スクールで教えてもらう。

別にキッカーに入ってトリックをマスターしたい訳ではないのだけど、
ゲレンデでたまに凸凹があるとバランスを崩して、転ぶことになる。
そういう時には多少ジャンプの訓練も必要なのだ。

上手くバランスをとるためには基本のポジションが大事な事を教わった。
そういってもなかなか上手く行かない。
良い勉強になりました。
あとは、練習あるのみ。



★´∀`★★´∀`★★´∀`★★´∀`★★´∀`★★´∀`★★´∀`★★

ところで、いつもスノーボードの帰りには
必ずと言っていいほどラーメンが食べたくなる。
今日もしかり。
帰りしな立ち寄った店で頼んだ「もやしラーメン」
少々堅麺であっさりめ。

ramen



2009/02/10

実は「バリバリ伝説」

先月行った臼杵の町は「二王座」。
情緒のある石畳の通りの真ん中付近に、驚くほど古いバイクがあった。
よく見ると、この家も今にも崩れ落ちそうなくらい。
人が住んでいるかどうかもわからない。

全身錆びてて、黒のゴミ袋が巻き付けてあって、
現実には絶対動きそうでない、この鉄くずの塊。
だけど、夜中誰も見ていないところで未知の世界の住人が
ガンガン乗り回してるような気がする。

bike




2009/02/09

娘自慢

娘のブログを見て、なんだかジーンときた。
家にいる時は、ダラダラとした生活が続いていたのに、
今では毎日きちんとごはんを作り、勉強に励み、からだを張ってバイトに精を出す。
不平不満も泣き言も言わず、夢に向かって、しっかりと毎日生きている。

誇りに思う。
こんなへっぽこな親をすっかり追い越してくれて、天晴れだと思う。
立派に自立してくれてありがたい事だと思う。

うちが特別だとは思ってはいない。
きっと、子を持つ親なら誰しもそう思う事だろう。



会社では家を離れて寮生活をする、娘達と同年代の子達がいる。
ふざける事もあっても、一生懸命仕事する姿や、家族思いの一面や、律儀な姿勢。
ふと見せる凛とした横顔に立派だなあ。と感動する。
親はさぞかし誇りに思う事だろう。

そしてまた、そんな感動を与えてくれる純粋な若者と
一緒に時を過ごせる事を、ありがたいと思う。

fl


2009/02/08

最強音楽サイト

さてさて、音楽にどっぷりと浸かった2日間。
現在の私の音楽事情にインターネットは欠かせない。
試聴させてくれるサイトはいろいろあるけど、
そのなかでも、もっぱら利用させて頂いている最強サイトを3つご紹介。

まずは、言わずとしれた[You Tube]
気になるアーティストがいると早速調べて、そのページよりmp3にて曲をダウンロード。
巨大サイトだけあって、無いものはないくらい。
オリジナルだけでなく、Rimixバージョンも豊富。

88


そして、[MySpaceMusic]
MIXIのようなソーシャル・ネットワーキング・サービスのアーティスト版。
好きなアーティストのページに飛べば
提供されている楽曲をずっと流してくれる。
わざわざ一曲ずつ探さなくても良いところが便利。


m-a


そして、極めつけは[Last.FM]
ここは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのインターネットラジオ版。
好きなアーティストのページに行くと、テイストの似たアーティストがズラリと出てくる。
試聴もたくさん出来るし、ジャンル別にラジオ・ステーションがある。
そして、スゴイのはそのアーティストのラジオ・ステーションでは、テイストの似たアーティストの楽曲を延々と流してくれる。新しい曲に出会えるの間違いなし。
ユーザーの音楽的指向を反映する自分のランキングなどもあって、面白い。


いやはや、便利な世の中です。
お陰で、音楽の近くにいる事が出来て、シアワセです♪






2009/02/04

元気でいられる理由


2日目のスノーボードでは、グーフィーとスケーターの練習をしてみる。
いつもはレギュラーで左足が進行方向になるのだけど、グーフィーでは反対の右足から。
すっかり初心者に戻ったように、転ぶ転ぶ。
人がたくさんいるゲレンデは絶対出来ない。
思う存分練習したら、次の課題が出来た。
やっぱり、スノーボードは楽しい。
上手くなりたいと切に思う。



♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪



昨晩はプールで泳いだらすごく気持ちよかった。
ここ数年、自分で驚くほど元気がいいなあ。
以前はそこまでなかったのに。
なんで、こんなに元気でいられるのか改めて考えてみた。






スノーボード!

水泳!

そして

音楽!

やっぱり、これでしょー。


*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*

sun


2009/02/03

クルマの鍵は春を待つ

さてさて、お昼ごはんはカンビキ特製のランチバイキング。
種類はそんなに豊富ではないが、クーポン使えば500円で食べられる。
食事が終わった頃に、クルマを出してくれたS君が

「誰か、俺のクルマの鍵知らんよね?」

ポケットに入れておいたのに、消えてるらしい。
まさか、滑ってる最中に落とした??
いやいや、まさか。
きっと、バックのなかに忘れてるんだろうと高をくくっていたが
何度探しても、やはりないらしい。

・・・・・・・・・えっ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・まさかこの広々とした白いゲレンデに埋まってる?

yama

雪上でほとんど立てないみんなも転びそうになりながら、足下を探す。
スキー場のスタッフも協力してくれて、ゲレンデを隅々探してくれる。
しかし、見つかる事はなかった。


スペアキーを取りに帰る為、クルマ所有者のS君と
当日どうしても帰らなければならないSyo君は新幹線で博多まで。
残りの3人はスキー場の方のご厚意で休憩所に泊めていただくことになった。

car

夜中に白い粉雪が降りつもり、翌日は晴れ模様のいいお天気。
ゲレンデは最高のパウダースノー。
鍵を落として凹んでいるはずの彼には悪いが、私にしてみればちょっとラッキー。
このチャンスを逃してなるものかと、ひとり朝からリフトで頂上へ。
スペアキーを持ってS君が到着するお昼まで、たっぷりと滑らせてもらった。

そして、鍵の行方は、春になって雪が溶けるまで、誰にもわからない。


2009/02/02

さすが穴場のゲレンデ

ここは「スキーパーク寒曳」
広島のゲレンデでは一番気に入っている。
早朝、雨の中を出発して現地に着く頃には空はやんわり曇り空。
今しがたまで雨が降っていたせいで、ゲレンデのコンディションはあまり良くないけど
このお天気のせいか、リフトはビックリするほどがら空き。
さすが穴場のカンビキだけど、人少なすぎでしょう?

広いゲレンデは、ほぼ貸し切り。
早速、初体験の後輩3人にお節介ながらマンツーマンで教える。
思うように滑る事が出来なくて、みんな表情が暗い。

ここがポイントなのです!
滑る事が出来ないまま、初日過ぎてしまうと
本人にとって、スノーボードはちっとも楽しくないものに思える。
少しずつでも滑れれば、またやりたい!って思う事間違いなし。
ここぞ、天国と地獄の分かれ目と、スノーボードの楽しい思いをさせたくて、
「よーし!がんばろーねー!」って教えまくる。

スノーボードは、ちょっとした重心の位置や少しの角度、そして目線の位置など
すごくビミョーな動きで随分変わる。

lift2

午前中はちっとも上手く行かなくて、みんな疲れ果てて
無言の暗い雰囲気の昼食となったが
昼過ぎたあたりから、ちょっとずつ滑れるようになってきた。
だんだんと様になってくる姿は、教えるほうも嬉しい。

夕方あたりのみんなの感想。

行く前は自分は滑らず、下で待ってると言ってたY君が真っ先に
「楽しいですね~~~!!!!」

サッカーやスケボーこなす、運動神経抜群のS君
「昼までは早く帰りたかったけど、やっぱ滑れるようになると楽しかね~。」

誘った時にはちっとも興味がなかったのに、急遽来るようになったR君
「バリ、ヤバイですね~。コレ!!ニコニコ」

みんな嬉しそう。スノーボード好きになってもらって良かったと
コレでひと安心。




しかし、同時に事件は起こっていたのです!!!
ジャンジャン。


~さらに続く~

2009/02/01

雨の中の出発

「降水確率80%」
何日も前から週間天気予報を眺めるが、%は高まる一方。
雨に打たれてのスノーボードはちと辛い。
私は全天候型なので、雨の日はカッパを着て挑む事は出来るけど
一緒に行く後輩達の生まれて初めてのスノーボードが、雨のせいで、つまらないモノになっては困る。
延期も考えたが、結構みんなその日を楽しみにしてるよう。

予報で西の上空に寒波が来ていると聞き、雨が雪に変わる事を祈って
いちかばちか決行を決める。

当日は雨の中を出発。
気温も思ったほど下がってない。
「たのむ、雪になってくれよ~」

car

中国道の長いトンネルを抜けると、景色はすっかり白一色。
山を越えるとこんなに違うものかと驚き。
雪を見てみんなテンションが上がる。
しかも、雨も止んで時折空には明るい隙間も見える。
山の斜面に虹も見た。

「よっしゃ~」と
みんな嬉しそう。
運転手のS君も「早く行かんと雪が溶ける!」と
にこにこ。
出だしはまずまず。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。