2009/12/24

クリスマス・ナイト

merry

聖なる夜は、人、人、人だかりのお祭り騒ぎ。
ゴージャスなイルミネーション。
ロマンチックなイベント。
街は年々輝きを増す。
クリスマスは、恋人たちと子供たちのためにあるのだと、改めて感じる。

毎年毎年、あんなに楽しみにしていたイブ。
子供たちもすっかり成人した私にとっては、もはや過去の話だと思うと、ちょっぴり切ない。
まあ、いいや。時代は流れゆくのさ。
と、自分へのクリスマス・プレゼントを見つけにゆく。

スポンサーサイト
2009/12/21

仲良くしようよ!

仕事も生活も楽しい方がいいに決まってる。
隣人の悪口ばかり言ってストレス発散させても、なにも始まらない。
人の弱点ばかり攻めても、揚げ足ばかり取っても、
むしろ苛立ちはつのるばかり。

そんな人ばかりいる場所から一度離れてみると、
改めていろいろ見えてくる。

もっとおおらかに、穏やかに、
いいとこ見つけをしようよ。
仲良く、楽しく笑ってるほうがいいじゃない。

yuri

2009/12/16

秋の跡

紅葉がすっかり終わったあとには
「もみじ模様の絨毯」の出来上がり。

momiji2

2009/12/15

温泉月間

私の通うスイミングクラブの施設は、細い鉄骨に白いテント生地を張り巡らせたような外観。
ビルのような鉄筋コンクリート造りではないので、まさにテントの中に海水のプールがある感じ。
当然室内の温度は外気の気温に近い。

冬になって寒くなると、温水プールから湯気がほかほかと出る。
今日もプール全体から湯気がたち、室内は真っ白。
いつもそれを見て、
「うわ。温泉みたいねー。」って入ると、実は思いのほか、さほど暖かくもない。
「あーーー。寒い寒い。」と慌ててひと泳ぎする。

kouyou


そういえば、ここ一ヶ月、毎週日曜日は温泉に行っている事に気がついた。
初回は地元の海の見える潮湯の温泉。
その後は、友達が遊びに来たついでだとか、娘と一緒にだとか。
先週は法事で大分の温泉。
こないだは、スノボで広島の温泉。

大きいお風呂はいい。
気分ゆったり。リフレッシュ。

そして、でっかい景色は元気のもと。
でっかい山、海、空。

2009/12/14

初すべり

広島は女鹿平(めがひら)スキー場へ。
山の頂上から下まで約2、300m。
人工雪ではここが一番ロングコースで滑ることが出来る。
露天の温泉施設もあって、とても人気あるゲレンデ。

まだまだ自然雪は積もりそうにない。
今週あたりに来そうな寒波に期待しよう。

mega


毎度のことながら、午前中は身体が重たく、動きが鈍い。
昼過ぎより、少し調子が上がる感じ。
シーズン始めとあって、いつもより疲れた。
歳が歳だけに無理は禁物と、自分に言い聞かせる。
「また、次にがんばろう!」

普段なら時間ギリギリまで滑るところを、早めに切り上げた。
その分温泉でのんびり。


帰りのバスに乗り込んだときから、また滑りたくってしょうがなくなる。
スノーボードは魅惑的。
次の目標は、オーリーを充実させて、少しでも高く浮くように飛びたい。
次回が楽しみ。


2009/12/11

ほしがき

久しぶりに見た、日本の甘い風景。

hosigaki

2009/12/07

遠回り

街から自宅に帰るとき、考えた。
さて、高速に乗るか、国道に出るか。
そうして、うろちょろと市内を迷いながら後戻り。
やっぱり、この風景の見える外れた倉庫街の道にした。

大正解。
広がる景色を見渡せば、感極まって目が潤む。

sora





前あったドラマで
恋人に「海にキリンを見に行こう。」というシーンがあった。
海に浮かぶ鉄骨のキリンは近くで見ると
こんな感じ。

kirin


2009/12/06

少し高いところから

坂道を下りながら
ふと振り返ったら

全く墓地にふさわしくないような木が一本
風に吹かれて、涼しげに立っていた。
それでは、また来ます。と
ご挨拶。

yama


2009/12/05

変わらない景色

mikan

天気予報では雨だと聞いていたのに
青空。いいお天気の昼下がり。

叔父の一周忌が終わってお墓参りに行く。

周りの建物や、古い井戸は建て直して少しずつ変わったけれど
この景色は昔からずっと変わらない。

2009/12/02

ひっつき草

我が家の猫「モカ」が、外に遊びに行くと、
たまに、このひっつき草を身体中いっぱいつけて帰ってきた。
「うわー!ちょっとストップ!!」って
逃げ回るモカを追い回したもんだ。

久しぶりに思い出したけど、
最近は、あまりなくなったな。

hittuki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。