2013/03/11

素晴らしき世界

震災の日から、早いものでもう2年を迎える。
あの日の午後、なんか東北の方が凄い事になっとるよ!と
会社の人に教えてもらってからの数日は
とても現実とは思えない映像やニュースが次々と飛び出した。
あまりにも悲惨すぎる状況とはうらはら、現地とは離れた福岡に住んでいると
言葉を失いながらも、まるで映画を観ているように、全く現実感がなかった。

2年経った今でも、復興も思ったように進んでいないという。
行き場のない核の問題を抱えたまま、経済界との板挟みで身動きが取れない原発問題。
自然エネルギーの開発もあまり進展が伺えない。
テレビのチャンネルがパラパラと代わるように、
自分の頭の中でもパラパラと、何が本当かが見えてない。

あの頃、被災者の方達の辛い体験に涙すると同時に
人を思いやるたくさんの暖かい気持ちにもさらに涙した。
世界中からの応援メッセージやアメリカ兵のトモダチ作戦。
帰宅難民へ手を差し伸べる地元人。
ツイッターでは次から次へと情報やメッセージが寄せられ
誰かの為に何かをしたいという人達の想いはダイレクトに伝わった。
そして、あんな困窮の状況下においても絶える事のない、被災者の方々の前向きな明るい笑顔。
忘れてはいけない事がたくさんある。



゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚


被災した時に地元の仙台の空を見上げて作ったという。


「RAKE 素晴らしき世界 」


さぁ手を取って強く握って

そういつだって僕たちは

希望を持って 光となって 

どんな”今”だって乗り越えていける

見えるだろう 素晴らしき世界 

これからの僕たちの未来

素晴らしき世界…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。