FC2ブログ
2008/02/27

キネマの街

e2

えっ?
なんで?こんな古い映画の看板?

e3

あれ?
ここにも。

e1

夕張市に入ると、至る所に昔懐かしい映画の看板だらけ。
宿泊した「ホテル シューパロ」にだって
こんな立派な看板が。



e5

ちょうど私が滞在するのと同じ3日間。
「夕張国際学生映画祭2008」が開催されていた。
財政破綻した夕張市の街おこしの一環のイベントだそうだ。
クエンティン・タランティーノの新作も無料で上映。

sn1

「夕張の映画の火を消さないで!」
とスノーキャンドルも
再建にむけて、こころの灯火を放っていた。

sn2

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

南国から来た少女!?

雪を知らぬまま南の地で生まれ育った一人の少女。南国のぎんぎらと輝く太陽の下ですくすくと十分に育ったある日ある時スノボに出会い人生が一転する。そしてオバハンと呼ばれるグループの一員になりかけた年、初めて北の大地を訪れたのだ。そこはかつて見た事もない白の世界。スキー場のナイター照明の灯が落ちるまでさんざん滑りに滑った後で、ホテルへの帰り道にふと立ち寄ったキネマの街道に足を踏み入れた時のことだった・・・

走りに走ったまさにタイトロープのような空港での乗り継ぎによる最後の滑走に至るまで、その道中を思う存分堪能してきた様子が伝わってくるねぇ。
オレもまた北海道行きたかぁ

作家だなあ!

Johnnyさんこそ、まさに直木賞ノミネート作家!!
きゃ!主人公にされてるっ!

北海道行っても、結局スノボしかしてないんですけど、やっぱり楽しかったなあ。
つくずく「旅」っていいなあ、って思いました。

Johnnyさんも是非、九州の方にも遊びに来てくださいな。(^o^)/~~~