FC2ブログ
2008/07/03

美しい明治の女性

hasu

「H野夏子」さん。
明治生まれの美しい女性。

5年前、私が婦人科に入院していた時に、しばらく同じお部屋にご一緒させていただいた方。
身なりも姿勢も大変美しく、上品で知的。
やはり明治の女性はあか抜けていると感心させられた。

足が悪くて車いすではあったが、当時93歳とは思えないほど、しゃんとしている。
やはり同じ部屋のFさんは私より5歳年下。
すっかり3人仲良しになり、H野さんの車いすを押して、院内を散歩した。

先生の回診時には、身なりを整えて、足が悪いのにもかかわらず、ベットできちんと正座して待たれる。
独り暮らしをされているので、お家の事が心配ではないかと尋ねると
「私がここでどんなに心配したところで、家のお茶碗ひとつ動かす事は出来ないんですよ。」と言われる。
毎日違う検査時間を、看護士さんが大きく紙に書いて目立つところに貼っていても
「こんなに大きく書かなくてもねえ。」と、検査前には紙を見ずとも、ベットで待っていらっしゃる。

93歳とは思えないほど、お元気ですねと言うと、長生きはしたいとは思わないのに、お迎えが来ないんですよ。こればっかりはねえ。とちょっと寂しげだった。

一度、H野さんのお向かいに一泊入院で若い女の子が入ってきた。
ベットまわりにカーテンが引かれ、何も見えない、何も聞こえない。
夜、その子を尋ねる、複数の男性見舞い客の中で、本命の彼氏はいったい誰なのかが話題になった事があった。
もちろん、男性の姿も声もわからない。
それなのに、耳が遠くて、ベットで天井を向いて、仰向けで寝ているはずのH野さんの予想も
見事に同じでFさんとふたり驚いた事があった。

hasu2

身寄りが無い為、病院の隣にある老人施設に移られて、2度ほどお顔を見にお邪魔した。
Fさんと一緒に尋ねると嬉しそうに、介護のスタッフに「お友達です。」と紹介してくれた。
半世紀ほど年の差が離れている為、スタッフが「え?お友達?」と不思議そうに笑ってると
「そうなの。お友達なの。」と笑顔で返す。
すごく嬉しかった。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○


今日、仕事帰り、数年会っていなかったH野さんを急に想い出した。
もし、ご健在であれば98歳になられる。
いらっしゃるかな。それとも。。。。
思い立って、その足で施設を尋ねてみた。

看護士の方に聞くと、お亡くなりになられたとのこと。
そうですか。と詳しく聞けば、6月末のこと。
たったの、たったの4日前。
ああ。もう少し早く思い出しておけば。と心が引きずられた。

H野さんの事。
きっと、しゃんした気持ちで天国に旅立たれたに違いない。
施設を出て帰り道、近所の寺に寄ってみた。
珍しく植木鉢に植えてある、蓮が蕾をつけていた。







~心より、ご冥福をお祈りいたします。~

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

十六年前、米寿を迎えた年に他界した祖母を想い出しました。
misssaさん、心に染みる、エッセイでしたよ……。

合掌。

まじろさん

おばあちゃまも素敵な方だったんでしょうね。
明治の女性はきりりと姿勢が前向きですよね。
入院でのしばらくの間のおつき合いでしたが
素敵な出会いだったと思っています。